●グルコサミンをオススメしたい病気の症状まとめ!

グルコサミンは、体内で本来、合成生産できる栄養素ですが、その生産量は20代をピークとして徐々に減少していくと言われています。特に40代以上の中高年での減少率は極めて著しく、50代以降になると、20代のピークに比べて20%ほどしか生産されないと言われています。軟骨を構成する主成分であるグルコサミンは、不足すると軟骨が生成されなくなり、関節に痛みを感じたり、違和感が出たりする症状が現れるでしょう。グルコサミンが不足し、関節痛がひどくなると、骨に負担がかかってしまい、関節の病気につながる危険性もあるのです。膝や脚に痛みがある人は、グルコサミンサプリを摂取した方がよいでしょう。グルコサミンをおすすめしたい病気の症状についてまとめてみましょう。
グルコサミン7

【変形性関節症の人は、グルコサミン摂取が必須】

体内のグルコサミン不足で起こる代表的な病気として変形性関節痛があります。この病気の症状は、様々な関節に痛みが生じると言われています。膝に発症した場合には変形性膝関節症、顎などは変形性顎関節症という病名になります。関節を曲げ伸ばしする時に、軟骨細胞はクッション材の役割を果たしてくれるので、骨と骨の摩擦を予防して、スムーズな動きをすることができます。しかしグルコサミンが不足すると、軟骨が摩擦してしまうので、関節を曲げ伸ばしする時に、強い痛みがでてしまう症状が多いでしょう。

 

【変形性膝関節症は80歳以上の女性では3分の2の人が発症する】

変形性膝関節症は、変形性関節症の中でも最も多い症状であり、歩くたびに関節が痛くなるので、きちんと治療しなければならないでしょう。以前の治療法では、鎮痛剤などを使用して、症状を緩和させる対症療法が一般的でしたが、最近ではグルコサミンを継続的に摂取することで症状を改善させることができると言われています。痛みを緩和させるためには最低でも2〜3ヶ月程度はかかると言われてしまうので、痛みを強く感じる前に、少しでも違和感を覚えたら、グルコサミンを摂取するようにしましょう。