●グルコサミンサプリの適切な1日の摂取量と飲むタイミング

中高年に人気のグルコサミンサプリメントは、関節痛や腰痛など体の痛みを緩和する効果があると言われています。年齢とともに体内から減少してしまうグルコサミンをサプリメントから補うことで、今よりも若々しく、健康的な生活を取り戻すことができるでしょう。グルコサミンサプリメントは体内にも含まれる生体物質になるので、安心して摂取することはできますが、1日の目安摂取量は定められていますので、それを基準として飲むようにしましょう。
グルコサミン6

【グルコサミンの1日摂取量と過剰摂取に関して】

市販されているグルコサミンサプリメントは、医薬品ではなく健康食品という位置づけになるので、副作用などがほとんどおこらず、飲みやすいでしょう。しかしグルコサミンは過剰に摂取してしまうと、下痢、便秘、胃痛などの胃腸不良を起こしてしまうこともありますので、注意が必要です。グルコサミンの1日の摂取量は、1000r〜1500rと言われています。ほとんどのサプリメントは、1日摂取量が決まっており、数粒程度飲むのが一般的でしょう。飲みすぎないように気を付けなければなりません。

 

【グルコサミンを飲むタイミングはあるの?】

せっかくグルコサミンサプリメントを飲むのであれば、一番効果が期待できる飲み方をした方がよいでしょう。販売されている商品によって、推奨される飲み方や飲むタイミングは異なると言われています。1日1回夕食後や寝る前に飲むのが良い場合もあれば、朝、昼、夕の1日3回に分けて飲むのもおすすめです。毎日忘れずに飲めるように、習慣づけて同じタイミングで飲むのがよいでしょう。忘れずに継続して飲むことが重要なのです。また食事後に飲んだ方が胃には負担がかからないので、食後の方がよいでしょう。1日1回ではなく、3回など分けて摂取するメリットとしては、体内でグルコサミンが減少してしまう時間を減らすことで、平均的にグルコサミン濃度を保つことができるでしょう。適切な使用方法を守って、安全性に考慮してサプリメントを摂取するようにしましょう。